規則正い生活と病気の関係

病気になりにくい人

予防

生活習慣の改善で病気予防

規則正しい生活習慣をしている人は病気になりにくいという研究結果が出ています。バランスの整った食事を食べ、適度な運動をすることで、肥満にもなりにくくなりますし、免疫力を高めることもできるのです。生活習慣があまり良くないと感じている人は、改善することができるように努力することも大切です。少しずつでも改善していくことによって、病気を予防することができますので、いつまでも健康で長生きすることができるのです。運動をすることが難しいという人は、エスカレーターを使用するところを階段にしてみたりするだけでもかなり違ってくるのです。

予防のための生活習慣

病気を予防するためには、生活習慣を改善することが効果的です。中でも気をつけたいのが肥満です。現代の日本は食べ物が豊富にありますし、甘いスイーツや揚げ物など、おいしくてカロリーの高いものもたくさんあります。そのため、食欲のままにどんどん食べていれば、ついついカロリーオーバーしてしまうのです。肥満は体内に内臓脂肪というものを増やしてしまいます。この内臓脂肪から分泌される物質は、体に炎症を起こしたり、血糖値を上げてしまったりします。血中の脂肪も動脈硬化を起こして血管を老化させてしまいます。運動などで病気予防をしましょう。

↑PAGE TOP